トップページ » 2018年02月

断熱工事の大切さを知る冬。

2月も後半となり雪も落ち着き寒さが少しづつ緩むのを感じています。
…といってもまだまだ寒い!

山谷町の家では断熱工事が進行していますが冬の現場では断熱・気密の大切さをを痛感します。
断熱材が入っていくにつれ現場内は暖かくなっていき作業もしやすくなるのです。
「熱を逃がさないって大事だな~」と心から思う瞬間です。(笑)

18022601.jpg
山谷町の家は床下暖房方式なので基礎に断熱材を貼り付けていきます。
この場合、床下は室内という考え方になります。

18022602.jpg
土台廻りの気密処理を終え断熱材を貼り付けていきます。
床と壁の取り合い部分は弱点になりやすい箇所なので入念に施工!

18022603.jpg
コンクリートとの取り合いはしっかりとウレタン処理。

18022604.jpg
耐力壁は外周部をモイス、内部は筋かいとしています。

18022608.jpg
構造金物も取付OK。
金物は取り付く場所によってサイズや形状が変わります。
図面を確認しながら過不足なく取付を行うことは簡単なようで意外に神経を使います。
建物の安全にかかわる部分ですので慎重に!
金物検査も無事クリアーしています。^^

18022605.jpg
壁の断熱施工。
裸の家にセーターかダウンジャケットを着せていく感覚。
暖かそう。(笑)

18022606.jpg
天井はセルローズファイバーの吹込み。
建て物全体を一気に施工するため気密施工を先行して行います。

18022607.jpg
ピシっと貼られた気密シートが気持ち良い。
このシートの上に断熱材が乗ってきます。

by   at 23:22  | Permalink  | Trackbacks (0)

「住学」(すがく)へ。

先日「住学」(すがく)なる勉強会に参加して来ました。
「住学」とはサトウ工務店の佐藤さん、ネイティブディメンションズの鈴木さんが事務局となり企画されているものです。
ちなみに「住まいの学校」を略して「住学」(すがく)。
正式な発音は「自動車学校」を略した「車学」(しゃがく)と同じだそうです。(笑)

第一回目は2件のモデルハウスを見学させて頂きました。
はじめに見学させて頂いたのは新潟市のあかがわ建築設計室さんのモデルハウス。
あかがわ建築設計室さんはご夫婦で設計業務を行っています。
お二人ともお話しやすい人柄で、お施主様も気軽ご相談しやすいことと思いました。
ご主人が設計されたものを奥さまが図面を引きディテールを詰めるという形を基本としているそうで、デザインへのこだわりとそれを精度よく形にすることを高いレベルで行っていると感じました。
ちなみにうちの事務所のお迎えにある「まめパン」さんはあかがわ設計室さんが改修されました。^^
18021301.jpg

18021302.jpg

次に見学させて頂いたのは同じく新潟市の桐生建設さんのモデルハウス。
外観はコンクリートの質感が印象的。
外壁の素材ははじめに見たときは何か判断できませんでした。お聞きするとレッドシダー+グレイ色塗装だそう。私の中では意外な組み合わせでしたが打ちっぱなしコンクリートとマッチしています。
桐生さんからはデザイン以外にもモデルハウスを建設する際の経営戦略的な部分もお聞かせいただきました。

18021303.jpg

18021304.jpg
こちらの床板は無垢材を企業秘密の方法で染めたグレー色。
内部、外部とも桐生さん独自の素材を使用されていてそれがお客様を引き付けていると感じました。


夜(放課後)には懇親会が開催されこちらもかなり濃厚な内容だったようですが私は別件のため欠席。(泣)
次回は必ず!!

私も色々な勉強会やセミナーに参加して来ましたが、こういった形のものは初めてでした。
企画された方、講師をされた方、参加された方みんな個性的で前向き。
ココから新しいつながりが出来、何かが始まっていく予感を強く感じました。

今回見学させて頂いたあかがわ建築設計室さん、桐生建設さん。
住学を企画して頂いた佐藤さん、鈴木さん。
参加させて頂く中でお話させて頂いた皆さま。
ありがとうございました!

by   at 07:30  | Permalink  | Trackbacks (0)

外部の下地、窓の取付など

山谷町の家、建て方を終えた途端に寒波がやってきました。
今年の冬は本当に厳しい!日中の気温が0度以上にならない日も珍しくありません。

18020501.jpg
柱や梁などを貫通する金物部分はしっかりとウレタン処理。

18020506.jpg
雪が本降りになる前に何とか屋根の下葺を終えることが出来ました。

18020503.jpg
今回は東西南面はペアガラス(APW330)北面はトリプルガラス(APW430)の使い分け。
費用対効果の高い組み合わせとなっています。

18020504.jpg
玄関ドアも取付けました!

今後は建物の中の工事がほとんど、少し楽になります。
早く断熱工事をしたい!^^

by   at 20:19  | Permalink  | Trackbacks (0)