トップページ » 2013年09月

土台敷き、土台基礎廻りの気密。

基礎工事が終わり、土台敷きへ。
土台敷きとは、文字通り家の「土台」となる部材を基礎の上に敷き込み、アンカーボルトなどで緊結する作業です。
秋葉区 中野の家では米ヒバ集成材を使用。
ヒバ独特の香りが現場にたちこめます。

基礎断熱
アンカーボルトの位置に穴を空け土台を並べていきます。

基礎断熱
中野の家は「基礎断熱工法」のため写真のようなパッキン材を挟み込み、土台と基礎を密着させます。
仕様部材は天端リスト

基礎断熱
金具や仕口の取り合いに注意しながら気密シートを処理し土台敷きが完了しました。

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築


by   at 06:00  | Permalink  | Trackbacks (0)